サーボ制御ループの角度位置センサの分解能と帯域幅を理解する

磁気角度位置センサの主な仕様と利点を探る

このプレゼンテーションでは、光学センシングと比較した磁気角度センシングの利点、ホール効果ソリューションとTMRベースのソリューションの違い、および分解能の精度と帯域幅の評価方法について詳しく説明します。誤差要因の影響、およびアプリケーションで実際の解像度を計算することの重要性を学びます。MA600などの次世代TMRセンサ・ソリューションは、帯域幅を犠牲にすることなく、新しいレベルの感度、設計の容易さを実現し、解像度を向上します。レイテンシ補償やプログラム可能な解像度と帯域幅などの機能により、高い精度と効率を実現します。

関連製品 :