MP6500とMP6600 : 集積されたバイポーラステッピングモータ・ドライバ

 

内部電流センスを備えたバイポーラステッピング モータ・ドライバが従来のソリューションを変える

MP6500およびMP6600は、バイポーラステッピング モータ・ドライバICです。MP6500は2.5Aのピーク出力電流を、QFN-24 (5mm x 5mm) およびTSSOP-28EPパッケージで提供します。MP6600は、小さなQFN-24 (4mm x 4mm) パッケージで、同機能のすべてと最大1.5Aの出力電流を提供します。これらの部品は、標準的な統合インデクサーロジックと2つのPWM電流調整Hブリッジドライバを超えており、競合他社よりもユニークな機能、優れたパフォーマンス、および低コストを提供しています。

機能 :

  • 4.5V〜35Vまでの単電源電圧
  • 外部ローサイドセンス抵抗は不要
  • 内部巻線電流調整により、電流を常に監視できるため、より正確な電流調整が提供され、減衰モードを調整する必要がなくなります
  • モータ速度が変化しても、電流は制御されたままで、電流リップルを最小限に抑え、ノイズと振動を低減します

関連製品の詳細ページ