追加センサなしに昇圧PFCコンバータの入力電力を推定する実行可能性分析と精度分析

設計での入力電力を正確に推定する

業界で最も一般的に使用されている昇圧PFCコンバータは、入力電圧、出力電圧、インダクタ電流のみをサンプリングし、スイッチング周波数とデューティサイクルを制御します。このプレゼンテーションでは、例としてHR1211を使用して、昇圧コンバータでこの限られた情報に基づいて、リアルタイムでの入力電力推定の実行可能性について説明します。DCMの寄生振動によるターンオン遅延、ターンオフ遅延、電流歪みなどの主要な非理想的な効果の影響を詳細に分析し、それに応じて正確な推定のためのアルゴリズムを提案します。入力電圧および電流センサによって実行される電力計測とは対照的に、この調査では、システムの複雑さ、コスト、または電力損失を発生することなく、入力電力をモニタするアプローチを提供します。理論的分析の実現可能性と正確性は、生産中の電源ソリューションに基づく実験結果によって検証されています。

関連製品の詳細ページ

文書を見る

ポスターを見る