寄稿文とニュースレター登録

寄稿文一覧 - 基板設計にお役立てください

アイテム 詳細 公開日
ニュースレター

最新の記事をメールでお届けします

 
高調波歪みを低減するPFC回路の設計

本稿では、PFとTHDの関係について説明し、昇圧PFC回路を使用して高いPF値を獲得しました。電源設計にPFC回路を統合することで、全高調波歪みが最小限に抑えられ、電力利用率が向上し、全体的な電源コストの削減につながります。MPSは、PFCコントローラの選択肢を与え、高調波電流の要件を満たし、電力品質を向上します。これらのPFCコントローラは、独自のパッケージ技術と高効率を備えた統合設計を提供します。

2022年8月
バッテリ管理システム (BMS) の設計方法

バッテリ駆動のアプリケーションは、過去10年間で一般的になり、このようなデバイスは、安全な使用を保証するために一定レベルの保護を必要とします。バッテリ管理システム (BMS) は、バッテリと起こり得る故障状態をモニタし、バッテリの劣化、容量の低下、さらにはユーザや周囲環境へ損害の可能性を防ぐことさえできます。また、BMSは、正確な充電状態 (SOC) と健康状態 (SOH) の推定値を提供して、バッテリの寿命全体にわたって有益で安全なユーザーエクスペリエンスを保証する責任があります。

2022年8月
PoE (パワーオーバーイーサネット) スイッチ用MPS電源管理ソリューション

IP電話、ワイヤレスAP、IPカメラなどの最近のデバイスでは、PoE (パワーオーバーイーサネット) による電力供給が増加しています。5G時代のCPE (カスタマー構内設備) や小規模基地局も、PoE電力を必要とします。本稿では、PSE、昇圧、高電圧降圧 / フライバック、高電流バック、2A~3Aバックなど、幅広いスイッチに対応したMPSの包括的な電源管理ソリューションについて説明します。

2022年8月
追加センサによる昇圧PFCコンバータの入力電力推定の実現可能性と精度の分析

本稿では、昇圧PFCコンバータ用の追加センサなしで有効入力電力推定の実行可能性を検討しました。このホワイトペーパの分析では、ターンオンとターンオフの遅延、DCM振動、DCMとCCMの間の遷移、受動素子の有効電力損失などの寄生効果の影響を説明しています。システムの数学的モデリングと寄生効果に基づいて、入力電力を正確に推定するためのアルゴリズムを提案しました。これは主流のマルチモードPFC制御方式の特性を考慮し、幅広い動作範囲に対応できます。提案された推定アプローチは、HR1211GYベースの400WブーストPFCプロトタイプの実験結果によって検証されています。デジタルPFCコントローラが実際のアプリケーションでますます普及するにつれて、本研究は、センサを追加することなく、基本的な電力計測機能を実装することにより、システムの複雑さとコストを削減し、将来的に電源製品の信頼性を向上させることが可能なアプローチを提供します。

2022年7月
逆極性保護回路の設計 (パートII)

パルス妨害のさまざまな試験基準に合格するには、最適な逆極性保護回路設計を実現することが重要です。従来のPチャネルMOSFET回路と比較して、NチャネルMOSFET回路はドライバ電流能力とEMC性能を改善します。特に、MPQ5850-AEC1は、逆入力保護を提供し、国内のEMC規格に合格しています。詳細については、コンパクトなパッケージで使いやすく安全なソリューションで業界をリードする、MPSのロードスイッチとスーパーバイザをご覧ください。

2022年7月
逆極性保護回路の設計 (パートI)

本稿では、従来のPチャネルMOSFET逆極性保護回路と、大きなシステム待機電流や逆流電流などの主な欠点について説明しています。Part IIでは、NチャネルMOSFETと昇降圧ドライバICを使用して、逆極性保護回路設計の利点について解説します。

2022年7月
MPSafeTM概要入門、機能安全自動車開発へのMPSのプロセス

MPSの安全志向の考え方は、安全なだけではなく、カスタマイズ可能で迅速に市場に投入できるシステムアーキテクチャを生み出します。MPSafeTMの導入は、MPSデバイスが安全要件を簡単に満たせるように、人為的ミスを回避するのに役立ちます。この手順により、ますます厳しくなる自動車の安全性認証を満たす車載用製品を生産できるようになります。将来の部品には、精密センサ、デジタルプログラム可能な電力コンバータ、モータ・ドライバ、高電流ソリューション用の電圧モニタとシーケンサ、LEDドライバなどが含まれます。

2022年7月
LLCの動作を理解する (パートII) : LLCコンバータ設計で考慮すべきこと

LLCコンバータの設計は、特定のアプリケーション要件に応じて無数の考慮事項を伴う、長くて複雑なプロセスです。多数のパラメータとこれらのパラメータ間の関係により、設計プロセスは通常、多くの繰り返しと計算のせいで、設計時間が長くなる可能性があります。MPSは、MPS LLC Designerおよび設定可能なLLCコントローラ、MPF32010を提供し、開発プロセスを大幅に加速します。

2022年7月
安全な駆動 : 高電力アプリケーション用絶縁ゲートドライバ

増加した電力要件と対になったWBG半導体の導入によってもたらされたスイッチング周波数の増加は、絶縁を電力コンバータ設計の重要な要素にしました。高い絶縁性とCMTI定格は、電源につながったユーザーとデバイスが偶発的な漏電によって害を受けないようにするための鍵です。脱飽和保護やアクティブ・ミラークランプなどの保護機能により、MOSFETは安全に動作し続けます。 MPSは、設定可能なデッドタイム制御を備えたハーフブリッジ・コンバータトポロジー用に特別に設計されたデュアルチャネルドライバである、MP18831などのような、さまざまな絶縁ゲートドライバを提供します。当社の絶縁型電源製品の詳細については、絶縁製品カテゴリのページをご覧ください。

2022年6月
革新的な5MHz LLCトランスドライバによる電力密度の最大化

高周波LLC電源は通常、低周波変換器よりも設計での実装と最適化が困難ですが、MPQ18913 のようなデバイスは、自動共振周波数検出や統合トランジスタなどの機能を備えたLLC電源を簡素化します。さらに、LLC共振トポロジーはソリューションサイズを縮小し、電気自動車の充電に使用されるような高電力充電ステーションの電力密度を高めます。充電インフラの改善され続けるにつれ、高電力充電アプリケーションや、車載型充電器、トラクションインバータ、DC/DCコンバータなどの自動車アプリケーションでSiC FETにバイアスをかけるために使用されているMPQ18913にご注目ください。

2022年6月
パワーインダクタのパラメータを理解する

さまざまなアプリケーション向けに多種多様なインダクタが市場に出回っており、最適なインダクタを選択するのは難しい場合があります。たとえば、より大きな値を持つインダクタはDC損失を減らして効率を向上させますが、物理的に大きく、より多くの熱を発生します。 万能なインダクタは存在しないので、各インダクタのパラメータと、異なるパラメータ間の関係を理解することが重要です。これは、設計者が特定のDC/DCアプリケーションでインダクタがどのように機能するかを判断するのに役立ち、MPSのセミシールドインダクタモールドインダクタをご覧になり、インダクタの選択にお役立てください。

2022年6月
マイクロステッピングが思ったほど良くない理由

ステッピングモータを使用してモーションコントロールシステムを設計する場合、増分トルクが大幅に減少するため、マイクロステッピング時にモータの定格保持トルクが適用されると思い込まないでください。これにより、上記のテストで実証された予期しないポジショニングの誤差が発生する可能性があります。場合によっては、マイクロステップの分解能を増加してもシステムの精度が向上しないことがあります。 これらの制限を克服するには、モータのトルク負荷を最小限に抑えるか、定格保持トルクが高いモータを使用することを推奨します。多くの場合、最良の解決策は、より大きなステップ増分を使用して、細かいマイクロステッピングに依存しないように機械システムを設計することです。MP6500のようなステッピングモータドライバは、1/8ステップを使用して、従来の高価なマイクロステッピングドライバと同じ機械的性能を提供できます。

2022年6月
マルチフェーズ降圧コンバータの負荷ライン設計

サーバーおよび演算アプリケーションでは、VOUTの厳密な規制要件を満たしながら、電流の大きく急激な変化を処理できる電源が必要です。MP2965を使用して 、本稿では、PMBusで設定可能な負荷ラインを実装するためのデジタルコントローラについて、効率の向上や電源の過渡応答性能の向上など、負荷ライン制御の利点を実証しました。本稿では、DC負荷ラインを実装することで、必要なバルクコンデンサを最小限に削減し、設計者がサーバーアプリケーションの仕様を満たしながら、全体的なコストを削減し、基板スペースを最小限に抑える方法についても説明しました。

2022年6月
ミリ波レーダー電源の開発

車載用レーダー技術の中でも、ミリ波レーダーは自動運転の進歩のための強力な検出性能を実現します。本稿では、Calterah AlpsシリーズとMPQ4420A-AEC1MPQ2166A-AEC1MPQ2171-AEC1を使用したディスクリート電源ソリューションについて説明しました。MPSは、幅広いアプリケーション向けの革新的なソリューションを作り続ける先進的な電源メーカーです。

2022年6月
MP8017の紹介 : 超小型IEEE802.3af PoE PDソリューション

PoE電源の需要の高まりにより、MP8017が開発されました。MP8017を使用して、設計者はPoEフライバックの6つの大きなモジュールを効果的に最適化できます。高度な統合、外部部品数の削減、サイズの縮小、アクティブクランプ制御などの機能をもった、このフライバックの論争は、産業でPoEのトレンドになっています。

2022年5月
LLCの動作を理解する (パートI): 電源スイッチと共振タンク

LLCコンバータを設計するときは、LLC共振タンクがどのように動作するかを理解することが重要です。タンクの共振特性により、LLCコンバータは広い負荷と電力幅にわたって効率的で安定した動作を維持できるため、非常に人気があります。しかし、タンクのゲイン応答は負荷やコンバータの動作点などの多数のパラメータに依存するため、この共振は、設計者に回路パラメータを設計する際に非常に注意するように強制しています (式 (7) 参照)。 MPS LLC Designerなどの設計ツールは、 LLC設計を高速化するのに理想的で、ユーザはさまざまなゲインと周波数を迅速に繰り返し、設計に必要な部品の値を計算できます。

2022年5月
MP5031の紹介 : USB 電力供給 (PD) コントローラ

本稿では、MP5031の機能と、これらの機能が従来の制御チップでどのように向上するかについてレビューしました。メリットには、設定可能なPDO、さまざまな主流プロトコルとの互換性、CDPモード、保護、およびGPIOピンが含まれます (ただし、これらに限定されない)。さらに、 MP4247 and MP2491Cを用いたMP5031のカスタマイズされたソリューションについて説明しました。 MPSの電力管理ソリューションと、設計の柔軟性、すぐれたパフォーマンス、および高い電力効率を提供する昇降圧コンバータの幅広いポートフォリオをご覧ください。

2022年5月
高周波、コモンモード電流、電圧、およびインピーダンスの測定 (パートIII)

この3部構成のシリーズ全体を通して、フライバックコンバータのトポロジーでの高周波、コモンモード電流、電圧、およびインピーダンスの測定について詳しく説明しました。放射EMIの基本原理を確認し、測定誤差の原因に対処することで、フライバックコンバータのコモンモードインピーダンスとコモンモードノイズ電圧を取得することに成功しました。要約すると、正確な放射EMI分析は、電圧、電流、インピーダンスなどの重要なパラメータを測定する際の一般的なミスを防ぎます。

2022年5月
高周波、コモンモード電流、電圧、およびインピーダンスの測定 (パートII)

本稿では、カップリングとグランドインピーダンスの影響から生じるコモンモード電流測定誤差を避けるためのフェライトビーズソリューションを紹介しました。高周波コモンモード電流測定の分析に続き、ネットワーク分析モデルとπモデルを使用し、一次側コモンモード電圧を計算することによって、コモンモードインピーダンスを取得する方法についても説明しました。

2022年5月
MPF4279xシリーズによる正確な充電状態の判断 (パートII)

バッテリベースのアプリケーションの需要が高まるにつれ、効果的なバッテリ管理には正確なSoC推定が不可欠です。本稿では、SoCを推定する際の一般的な課題について説明し、新しいファミリであるMPF4279xシリーズを使用して電圧 - 電流ハイブリッド方式について拡張説明しました。電池残量計は、幅広いアプリケーション向けに設計されています。より多くの充電ソリューション用バッテリ管理ソリューションは、MPSの堅牢な製品ラインナップをご覧ください。

2022年5月
MPF4279xシリーズによる正確な充電状態の判断 (パートI)

本稿では、SoC推定の概念と、正確なSoCを取得する際の課題について説明しました。また、SoC推定方法の1つについても説明しました。パートIIでは、その他の2つの方法について拡張し、SoCを正確に測定する上でのMPF4279xシリーズを使用するメリットについて説明します。

2022年4月
MPSの絶縁型中電力および高電力電源製品

MPSは、中電力および高電力の電源アプリケーション向けに、信頼できる効率的な製品を発売し続けています。本稿では、トーテムポールPFCコントローラ、絶縁型電源モジュール、絶縁型電流センサなど、さまざまなデバイスを紹介しました。MPS製品の幅広い選択は、電源設計者が、小型化、低コスト化、開発サイクルの短縮、パフォーマンスと応答の向上をして、電源ソリューションの促進を支援します。

2022年4月
高速光通信用モジュールの設計

本稿では、F5Gギガビット時代に高速光通信を実現するためのMPS光モジュール用ソリューションについて検討しました。これらのソリューションには、MPM38x4Cシリーズ (MPM3814CMPM3824CMPM3834C)、MPM3860MPM4710MP5418MP5418A、そしてMP8833Aを含みます。さらに、MPSは、電気信号をVCSEL、DFB、EMLなどの光信号に変換するレーザーダイオード用のソリューションを提供します。詳細については、電源モジュール、および光モジュールのモノリシック設計に関するMPSの強固なポートフォリオをご覧ください 。

2022年4月
MP188xx絶縁型ゲートドライバシリーズを使用した電源システムの構築

本稿では、MP18831MP18851、およびMP18871を含む一連の絶縁型ゲートドライバであるMP188xxファミリの特徴と利点について検討しました。絶縁型ゲートドライバは、電源システムにおけるスイッチの駆動にとって重要です。MPS絶縁製品の詳細については、カーボンニュートラルを促進するMPSの絶縁電源ソリューションに関する記事をお読みください。

2022年4月
MP2731を使用した太陽光発電の給電ソリューション

グリーン電力やその他の再生可能エネルギープロジェクトを推進するために、MPSは、さまざまな照明条件下でシステム動作を中断しないようにするさまざまなソリューションを提供します。本稿では、一般的なアプリケーションの制限を克服する太陽光発電給電用ソリューションとして、MP2731を紹介しました。MPSのその他の急速充電、精度、安全性、および簡単なカスタマイズを提供するバッテリ管理ソリューションもご覧ください。

2022年4月
PoE (パワーオーバーイーサネット) を搭載したMP8030

本稿では、PoE規格の進化と、IEEE 802.3af / at / bt機能など、MP8030によって提供される機能について説明しました。MP8030は、シンプルな設計、高効率、柔軟な絶縁設計オプション、優れた熱性能、EMコンプライアンスなどの利点を備えた優れたbtソリューションです。

2022年4月
MPSのAC/DC電源ソリューションによる低炭素時代の変革 (パートII)

MPSは、AC/DC分野の製品の包括的なポートフォリオを蓄積しており、MPX2002HR1211などの人気のあるパワーソリューションとともに、AC/DC分野で包括的な製品ポートフォリオを蓄積してきました。スイッチング電源の要件がより複雑になるにつれて、MPSはますます効率的で高度な製品で消費者の要求に応えます。カーボンフリーの時代と、この時代に設計者が直面する問題について知るには、このシリーズのパートIをご覧ください。

2022年4月
MPSのAC/DC電源ソリューションによる低炭素時代の変革 (パートI)

世界がカーボンニュートラルに向かうトレンドにある中、設計者は、より小型でより効果的な高効率電源に対する需要の高まりに対応する必要があります。MPSは、MPX2001のような小型で効率的なAC/DC電源装置を使用して、これらのますます厳しくなる要件に簡単に対応できるようにしています。本稿では、電源設計者が直面する問題と、これらの問題を軽減する高レベルな方法をいくつか紹介しました。パートIIは、MPSが直面している問題について、最新の製品を詳しく見ながら対処法を説明していきます。

2022年4月
容量性絶縁を統合した高密度アダプタ設計の向上

容量性絶縁の統合は、フォトカプラを使用する従来のソリューションの期待を上回ります。特に、MPX2002およびMPX2003のようなフライバックコントローラは、サイズが小さく、効率が高く、レイアウトの柔軟性を備えた統合ソリューションの有効性を実証しています。 全体として、統合には、同期整流と一次側スイッチング間のより正確な同期、部品数の削減、よりコンパクトなレイアウトなど、複数の利点があります。さらに、これらのソリューションにより、より高度な制御スキームの実装が可能になり、効率と電力密度がさらに向上します。これにより、将来の高電力密度アダプタへの道が開かれます。

2022年4月
バッテリチャージャの基礎

MPSのバッテリチャージャ・ソリューションは、シングルセル・チャージャから、2つの直列セルまたは3つ以上の直列セルチャージャに至るまで、あらゆるバッテリ駆動アプリケーションを補完できる幅広い高性能ICをカバーしています。バッテリチャージャIC (例えばスイッチングまたはリニアチャージャ) を決定する際に、充電プロファイル、チャージャトポロジー、パワーパス管理構造、バッテリセル設定、および安全機能 (例えば、ウォッチドッグタイマおよびJEITA温度モニタリング) のような考慮すべき多くの変数があります。設計者は、これらのパラメータがシステムやバッテリの仕様にどのように影響するかを理解すれば、最適なバッテリチャージャICを選択することができます。

2022年3月
車載インフォテインメント用の電源設計 (第2部)

パートIでのプライマリおよびセカンダリ電源のレビューに続いて、パートIIでは、カメラ電源とUSB充電が直面する要件の課題に対するソリューションを提案しました。MPQ8873-AEC1は、サラウンドビューカメラモジュールのソリューションとして使用されましたが、MPQ4228-C-AEC1は、USB充電の課題を軽減するために使用されました。MPSは、最新の車載インフォテインメントシステムの設計に多くの利点を提供する、堅牢で柔軟なプロダクトポートフォリオを提供します。

2022年3月
車載インフォテインメント用の電源設計 (第1部)

電源設計は、高度な車載インフォテインメントシステムを開発する上で重要な検討事項です。本稿では、MPQ4436Aのプライマリ電源とMPQ2166Aのセカンダリ電源の要件と利点について説明しました。パートIIでは、カメラの電源とUSB給電に関する課題について説明します。

2022年3月
MID06W0505Aを使用して絶縁電源モジュールを改善する

MPSは、安全性、電力密度、信頼性に対する高まる要求に応える絶縁型の電源モジュールの導入に取り組んでいます。本稿では、MID06W0505A-3が従来の電源モジュールの限界をどのように克服したかについて説明するとともに、磁気障害やVOUTの変動などの課題にも対応しました。これらはすべて、さまざまな信号アイソレータや産業アプリケーションに電力を供給するための重要な検討事項です。

2022年3月
HR1211を使用してマルチポートの高速給電ソリューションを開発する

本稿では、柔軟性、安定性、高速過渡応答性を提供する人気の高いHR1211の特徴について説明しました。次に、マルチポート高速充電時の速度低下の課題に対処するため、HR1211MP6924を使用するInnoseccoの200W高速充電ソリューションを分析しました。MPSは、より大きな電力と効率に対する消費者の要求に応える最先端の電力ソリューションによって、市場をリードし続けています。

2022年3月
高周波数、コモンモード電流、電圧、インピーダンスを計測する (第1部)

本稿では、放射EMIの基本原理を確認し、放射モデルの主要なパラメータ (アンテナインピーダンス) について説明し、放射EMIを計算する方法について説明しました。次に、本稿では、フライバックコンバータトポロジーでICMを測定する従来の方法について説明しました。

2022年3月
MP5515で突然の停電に備える

直列に接続された多くのデバイスの安定した動作を維持するには、突然の電源障害からSSDを保護することが必要不可欠です。MPSは、長期の安定稼働が必要な多くのアプリケーションに合わせてカスタマイズされたMP5515などのエネルギー蓄積ソリューションを発売することによって、この市場を拡大し続けています。

2022年3月
集積化がどのようにパワーマネジメント改革を進めているか

どの設計パラメータを最適化する必要があるにしても、MPSは熱耐性やより小型のソリューションサイズを最適化できる幅広いソリューションを用意しています。MPSソリューションを採用すれば、急速に成長するパワーマネジメント業界の増え続ける仕様や要求に合う、集積化された高電力密度の製品を常に活用することができます。

2022年2月
PFCトポロジーの比較研究: インターリーブ式昇圧 vs. トーテムポール式PFCトポロジー

本稿では、シミュレーションと主要な比較パラメータを使用して、インターリーブ方式昇圧、トーテムポール、およびインターリーブ方式トーテムポールPFCトポロジーの主な特性を説明し、設計者がアプリケーションに最適なトポロジーを選択できるようにしました。昇圧PFCトポロジーの単純さによって、ほとんどの設計者にとって頼りになるソリューションとなっています。ただし、昇圧PFCは、高電力アプリケーションでは効率が低下します。このような場合、複雑さが増すにもかかわらず、トーテムポールPFCトポロジーが適切な場合があります。MPF32010のような統合されたトーテムポールコントローラの導入により、トーテムポールPFCコンバータの実装が大幅に簡素化されました。

2022年2月
デジタルコントローラを使用したマルチフェーズ降圧コンバータの設計

サーバーシステムの厳しいパフォーマンス要件により、過渡応答要件を満たし、大電流に耐えられるようにするために、ほとんどのサーバーおよびコンピューティング設計においてマルチフェーズ降圧コンバータが必要です。MP2965デュアルチャネル、マルチフェーズコントローラは、最小限の出力コンデンサで優れた設計の柔軟性と高速過渡応答を提供します。MP86945Aの電力段は、ドライバとMOSFETを統合して、高効率とパフォーマンスを実現します。

2022年2月
MP6540を使用したブラシレスDCモータ・ドライバの設計

本稿では、MP6540AMP6540HMP6540HAを含むMP6540シリーズを評価します。メリットとして、高い統合、優れた放熱性、適応性、および高速電流測定が含まれますが、これらに限定されません。

2022年2月
MPSの設計アシスタントツール

MPSの向上したDesign Assistantは、開発プロセスを短縮する戦略的な利点を提供します。本稿では、AC/DC Design Assistantを使ってMPX2001を調べ 、そのセットアッププロセスと機能を検証しました。さらに、MPSのウェブサイトには、LLCアプリケーションやLR設計など、他の回路のDesign Assistantファイルが掲載されています。

2022年1月
MPQ3367でバックライトディスプレイの設計を最適化する

本稿では、>出力電流、EMC性能のためのスペクトラム拡散周波数、低オン抵抗MOSFETによって実現した高い効率を調整するMPQ3367の調光モードについて言及します。MPSの主要なバックライトチップの1つとして、MPQ3367は、充分に機能し、高く統合された、高出力のソリューションを効果的に実現します。

2022年1月
コールドクランクからロードダンプまで: 自動車の過渡電流入門

一般的な自動車のモジュールは、この記事で説明した過渡電流のほとんどまたはすべてに対処する必要があります。これらの重要な自動車の過渡電流を基本的に理解することは、自動車のシステムエンジニアが堅牢なソリューションを設計するために必要です。 極端な条件に対して信頼性の高い電源回路を設計することは難しい場合がありますが、MPQ4316-AEC1 (広いVINを持つ降圧コンバータ)、MPQ8875A-AEC1(広いVINを持つ昇降圧コンバータ)、MPQ7200-AEC1 (広いVINを持つLEDドライバ) などの、堅牢な自動車用部品は動的な環境にも対応できるため、優れたパフォーマンスと安全性を提供します。

2022年1月
磁気センサを使って信頼性向上のためにハプティックHMIを最適化する

磁気センサを使用してHMIダイヤルとボタンを実装する場合、触覚エレメントと電子機器の構造を分離して、周囲の構造に十分なスペースを与えるなど、ソリューションを設計する際に考慮すべきさまざまなオプションがあります。本稿では、比類のない長寿命と低消費電力を備えた非接触で費用効果の高いHMIソリューションを設計するための簡単な設計ガイドラインについて概要を説明します。

2022年1月
どんなときにDC/DC電源の下に銅層を置いたらよいのか

EMIを改善できるため、EMIテストには銅の積層を推奨します。インダクタンスに関しては、銅は基本的にシールドインダクタに影響を与えないため、銅の積層はシールドインダクタにのみ推奨されます。 インダクタへの銅の影響が最小限であることを考えると、アプリケーションや必要な仕様に応じて銅を使用するかどうか決定するのは、最終的には技術者次第です。

2022年1月
分数調波振動の認識と排除

本稿では、時間領域と周波数領域を使用して分数調波振動を認識する方法について説明します。また、スロープ補償が、その悪影響があっても、分数調波振動をどのように低減できるかについても説明します。MPSは、絶縁型DC/DCコンバータおよびモジュールなど、DC/DCの安定性を実現する最先端の電源ソリューションを提供します。

2022年1月
一次側リンギングを制御する

RCD回路設計は、フライバックの一次側リンギングを制御するための単純で効果的な抑制方法として使用できます。抵抗とコンデンサを注意深く選択することにより、クランプ回路は漏れインダクタンスのエネルギーをよりよく吸収することができます。さらに、RCDクランプ回路は中心的な励磁インダクタンス容量を消費せず、ピーク電圧と電源デバイスのスイッチングストレスの両方を低減します。 RCD回路設計の詳細については、アクティブクランプフォワードコンバータの設計に関する寄稿文パートIパートIIのシリーズをお読みください。

2022年1月
スイッチング電源設計における周波数の選択 (第2部)

本稿では、引き続き3つの異なる周波数範囲を持つスイッチング電源の設計方法を検討します。新しい電源デバイスの普及に伴い、電力設計者は機能をさらに向上させ、設計を簡素化するアプローチを模索しています。MPSは、固定、可変、および高周波電源アプリケーション向けのスイッチング電源設計を可能にする革新的な電源ソリューションを提供します。

2022年1月
スイッチング電源設計における周波数の選択 (第1部)

本稿では、スイッチング周波数の影響を受けるコア回路インジケータの計算方法について説明します。また、より高い周波数に起因するさまざまなタイプの損失についても取り上げます。第2部では、3つの異なる周波数範囲での実際のアプリケーションシナリオについて説明します。スイッチング電源の周波数設計の基礎を理解することで、電力エンジニアはエネルギー貯蔵部品の電力品質と効率を向上させることができます。

2021年12月
長ライン負荷下で過剰な伝導電磁妨害 (EMI) を制御する (第3部)

本稿では、第1部および第2部において、高周波CMモデルを議論します。3つのEMI低減方法を比較し導EMIの共振ピークを調べます。長ライン負荷下での過剰なEMIは、戦略的な回路変更を使用することで、さまざまな車載電子機器アプリケーションを効果的に制御できます。

2021年12月
長い出力ラインを使用しながら伝導電磁妨害 (EMI) を制御する (第2部)

本稿では、電流と電圧の分布、伝送ラインの損失、インダクタンス、静電容量、最終出力ラインのインピーダンス、および周波数を計算することにより、第1部のCM EMIモデルを完成させます。さらに深掘りし、ノイズ削減手法の効果を分析してロングラインの負荷の出力に成功させます。

2021年12月
長い出力ラインを使用しながら伝導電磁妨害 (EMI) を制御する (第1部)

本稿では、試験装置の長期負荷によるEMI結果を検討し、代替定理と重ね合わせの原理を適用してコモンモードEMIモデルを開発します。また、電界結合と磁界結合の間で広く見られる近接場結合の問題についても検討します。

2021年12月
電力リップルの生成とテスト

本稿では、電源リップルを測定する基本的な方法を見直し、電圧プローブと同軸ケーブルの使い方を探ります。電源リップルの生成とテストは、要件が厳しいスイッチモード設計、一般的なスイッチングリップルアプリケーション、全帯域幅にわたって適切なリップル値を必要とするアプリケーションにとって非常に重要です。

2021年12月
過度の放熱を減らすための同期整流ソリューション設計 (第2部)

本稿は、超小型の高速充電アダプタ用の二次側同期整流を設計する方法を探ります。同期整流がどのように開閉するか、およびMP9989がどのようにクイックシャットダウンテクノロジーを利用するかを確認します。MOSFETを使用した二次側同期整流ソリューションは、標準的な同期整流ソリューションの主要な課題を克服して、超小型の高速充電ソリューションを作成できます。

2021年12月
ECUからDCUへの道

本稿では、組み込みECUシステムから集中型DCUシステムへの移行について説明し、さまざまなサブシステムを統合してスケーラビリティを実現するMPSの電源サブシステムスキームについて説明します。車両の電動化とより高度な制御システムの増加に伴い、MPSは革新的なソリューションと幅広い製品ポートフォリオを提供し、自動車の顧客が自動車システムを効率的にアップグレードできるように支援します。

2021年12月
最新の電子回路における正確な電流測定

本稿では、正確な電流測定に利用できるオプションに焦点を当て、アプリケーションに最適な電流検出ソリューションを選択する方法を明確にします。可能な限り最も効率的なソリューションを作成するには、設計プロセスの早い段階で技術オプションを検討し、電源要件や達成可能な出力信号範囲など、各解決策の詳細に注意することが重要です。MCS180xホール効果センサを使用して、電流ミラーリング技術を使って電力損失とシステムの複雑さを軽減しながらシステムレベルのパフォーマンスを向上させる方法を示します。

2021年11月
MOSFETスイッチ : パワーコンバータの基礎とアプリケーション

MOSFETは、ほぼすべての電子システムに欠かせない部品です。そのため、電流の物理的制約を克服し、トランジスタをどんどん小さくすることを目指して、MOSFET構造の革新、新しい材料の発見、回路の設計が絶えず推進されています。MPSは、MPM3695-100のように、最大100Aの連続電流に耐えるパワースイッチを備えた電力変換モジュールを開発し、この分野で大きな一歩を踏み出しています。関連情報はMPSのウェブサイトからご利用いただけます。

2021年11月
過度の放熱を減らすための同期整流ソリューション設計 (第1部)

本稿では、MOSを正常にオンにして過度の熱を低減するために、MP9989を使用した2次側同期整流の設計方式を確認しました。第2部では、同期整流の開閉プロセスについて詳しく説明すると同時に、クイックシャットダウンテクノロジーの利点についても説明します。

2021年11月

PoE (パワーオーバーイーサネット) ソリューションの設計

本稿では、PoEの一般的な要件とPDのDC/DC変換の設計について説明します。MPSは、簡素化されたBOM、効率的なEMC特性、およびその他の設計上の利点を備えた、現在のすべてのプロトコルレベル (af、at、およびbt) 用のPoE電源ソリューションを提供しています。

2021年10月

カーエレクトロニクスにおけるEMIの生成、伝播、抑制 (第2部)

本稿は、EMI問題のモデリングと分析の戦略を掘り下げる2部構成のシリーズの第2部です。第1部では、差動モード (DM) ノイズとコモンモード (CM) ノイズの間の伝導EMIを低減するためのアプローチについて説明しました。第2部では、テブナンの定理に基づく放射EMIモデリング戦略と、グランドインピーダンス低減技術について説明します。

2021年10月

カーエレクトロニクスにおけるEMIの生成、伝播、抑制 (第1部)

EMIを削減するためには、さまざまなEMI問題をモデル化し、分析する必要があります。本稿では、降圧、昇圧、昇降圧コンバータなど、非絶縁コンバータのEMIを削減するためのモデリングと抑制方法を提供します。

2021年10月

インテリジェント・ドライビングのためのMPSソリューション

本稿では、MPQ8875AMPQ4425Bが、DMSおよびCMSカメラが赤外線LEDベースのトラッキング機能を向上させながら、安定した信頼性の高い電源を実現するためにどのように役立つかについて説明します。インテリジェント・ドライビングの要求がより複雑になるにつれて、MPSのパワーマネジメントツールは、安全性、利便性、効率性を重視する最先端の機能を実装する設計者を支援し続けます。

2021年9月

MPSの絶縁電源ソリューションがカーボンニュートラルを加速

MPSは、中電力および高電力のアプリケーション向けに、環境に配慮した絶縁型IC製品への投資と開発を続けています。その結果、電力設計者は、低コスト、二酸化炭素排出量の削減、および開発サイクルの短縮により、小型、高性能、高速応答の電源を進化させることができます。

2021年9月

PoE-btアプリケーション用アクティブクランプ方式フォワードコンバータの設計 (第2部)

本稿では、MOSFETトランジスタとRCD吸収回路が、アクティブクランプ方式フォワードコンバータの効率を向上させる方法を検討し、その理論を検証します。全体的に、アクティブクランプフォワードコンバータを使用したPoEソリューションは、より高い効率を提供し、RCDクランプ回路の欠点を克服し、PoE-btアプリケーションの機能をさらに強化します。

2021年9月

PoE-btアプリケーション用アクティブクランプ方式フォワードコンバータを設計 (第1部)

本稿では、PoEソリューションの進化と主要コンポーネント、フライバックコンバータとフォワードコンバータのトポロジ比較、およびアクティブクランプを含む一般的なクランプ回路について説明します。 第2部では、さらに詳しく説明し、二次側同期整流MOSFET、二次スパイク吸収回路、およびPoE-btアプリケーションの効率検証プロセスについて説明します。

2021年9月

MPSの完全集積電源モジュールがクラウドコンピューティングを後押し

MPSの電源モジュールは、高度に集積され、スケーラブルで効率的なソリューションを開発するのに役立つ独自の利点を設計者に提供します。世界をリードする半導体サプライヤーとして、電源システムにおけるすべての電圧と電流幅に対応することができる電源モジュールソリューションを提供することで、MPSはクラウドコンピューティングハードウェアの促進に貢献します。

2021年8月

eMotion™とバッテリバックアップを備えたMPSのオープンソース非常用人工呼吸器

人工呼吸器の需要の増加は、それがすぐに供給されなくなることを意味したので、モノリシックパワーシステムズ (MPS) のチームは、この危機へのソリューションを作成するのに役立とうと考えました。MPSは医療機器メーカーではありませんが、エンジニアや設計者はパワーエレクトロニクスとモータ制御の経験が豊富です。換気装置、呼吸器、人工呼吸器タイプの機械の技術的アーキテクチャを前提に、MPSは世界のパンデミックとの闘いを支援するために人工呼吸器の専門知識を活用しました。

2021年7月

集積された補償ネットワークを備えた降圧レギュレータの過渡性能の評価

本稿では、アプリケーションのスイッチング周波数に基づいて内部補償ネットワークの機能を評価する体系的なアプローチについて説明します。提案された評価手法には、内部補償ネットワークが既知または設定可能なスイッチング周波数を持つアプリケーション向けに適切に設計されていることを確認するための3つの基本的なチェックが含まれています。場合によっては、外部ノブを追加すると、システムのトランジェントパフォーマンスがさらに向上することがあります。これらの原則は、この技術の有効性を検証したMPQ4430に適用されました。

July 2021

高電圧バッテリパック用の新しい電池残量計ソリューション

MPSのMPF42790などの電池残量計ICは、適応可能な設計、シンプルなGUI、および仮想テスト機能に加えて、最適なパフォーマンスを提供します。これらの適応性の高いデバイスにより、設計者は以前に記録されたテストを再シミュレートでき、構成、テスト、および検証が大幅に高速化されます。

2021年7月

DCモータ・ドライバで電流レギュレーションを使用する

本稿では、MPSのMP6522などのモータ・ドライバで使用可能な電流調整機能を使用して、DCモータの始動時に流れる大電流を調整および制御する方法について説明しました。モータの起動電流を適切に制限する方法を理解することにより、設計者はより小さなモータ・ドライバを使用できるだけでなく、システムの電流供給を最適化することもできます。

2021年7月

フライバックコンバータを7つのステップで設計する方法

本稿では、MPSのMP6004を使用して、7つの簡単なステップでフライバックコンバータを設計する方法を説明します。EMC試験への合格、制御ループ設計、部品の選択など、設計の実装準備が整う前に考慮すべき事項は他にもたくさんありますが、計算して部品を選択するための明確な方法を確立することが重要です。

2021年6月

車載LED寿命見込みを延長するために温度定格低減を用いる: シンプルでコスト効果の高いソリューション

このソリューションは、車載用照明システムメーカーに安定した費用対効果の高いオプションを提供します。これにより、基板スペースをほとんど占有せずに、回路内の部品の平均寿命を大幅に延ばすことができます。本稿で提案した回路は、ドライバICの信頼性と柔軟性を実証しながら、比較的簡単で安価な部品で多くの既存の照明システムに適用できます。

2021年6月

デジタルPFC + LLCコンボコントローラが、高速充電アダプタの新時代を加速

急速充電技術は、モバイルデバイスの電力需要が急激に増加したため、ここ数年で急速に発展しました。2020年後半、携帯電話市場のリーダー (Apple、Xiaomi、Samsungなど) は、携帯電話用のインボックスアダプタを放棄し始めました。この変化は、アフターマーケットアダプタの需要に対する別のブームを刺激し、急速充電アダプタ市場の2つの傾向も確保しました。

2021年6月

車載用電子機器信頼性試験は、ミッションプロファイルで始まり終わる

自動車メーカーは、雪のツンドラから灼熱の砂漠まで、幅広い環境で活動する車両を設計する必要があります。たった数か月の製品ライフタイムしか期待されていないかもしれない多くのコンシューマ機器とは異なり、車載用エレクトロニクスではライフタイムが15年以上続くと予想されることがよくあります。車載用製品の選定の際は、OEMとそのサプライヤが車載用ミッションプロファイル、つまり、その製品ライフタイム中に部品が直面する可能性のあるすべての環境および機能条件の概要を用意するのが一般的です。

2021年5月

DCスイッチング電源の接合部温度直接測定

本稿では、パワーグッド (PG) ピンのMOSFETボディダイオードを使用して直接温度を読み出す測定方式を実装する方法を示し、読者がICの接合部温度を測定する実際的な方法を理解するのに役立ちます。これは、ダイオードの電圧と温度の関係を使用し、直接電圧を読み出す方法です。

2021年5月

スマートモータのPMSMパラメータの特定

本稿では、スマートモータ制御モジュールを使用した、PMSMの RLSベースのモータパラメータ識別のソリューションを紹介しました。パフォーマンスは、MPSの MMP757188-36 を使用したハードウェアリアルタイムテストで検証されています。パラメータ識別の重要性を説明するために、慣性値が異なる位置制御の例が示されました。

2021年5月

次世代の高度なAIシステム電源

今日のAIシステムは、さまざまな面で電力設計者を悩ませているいくつかの高性能コンピューターシステムによって実現されています。従来のデータセンター設計は、汎用CPUのみのソリューションから、CPU、GPU、およびTPUの組み合わせへと急速に移行しており、電力設計ソリューションに対するより厳しい要求が新たにもたらされています。

2021年4月

48Vのデータセンターアプリケーション向け、高集積、スケーラブル、カレントシェアリング機能付きホットスワップソリューション

MP5048などの統合ホットスワップソリューションに取り入れることで、スペースに制約のある48Vのデータセンターアプリケーションに非常に適した、シンプルで使いやすく堅牢なソリューションが提供されます。モノリシックシステムにより、システムの操作を手元のニーズに適応させることができ、反復的で労働集約的な作業が不要になり、エンジニアはスペースの制約の縮小と厳しいプロジェクトの納期に対処できます。

2021年4月

フライバック同期整流はEMIにどのように影響するか

同期整流を使用したフライバックアダプタの設計は、ショットキーダイオードを使用した従来のセットアップとは異なります。同期整流ソリューションを採用する場合、2つの主な期待は、効率と熱性能の向上です。ただし、EMIパフォーマンスなど、考慮すべき他の側面があります。

2021年4月

CCMとDCMの違い

フライバックコンバータは、AC/DCおよびDC/DC変換用のスイッチモード電源でよく使用され、特に低電力から中電力範囲 (約2W~100W) でよく使用されます。この電力範囲では、フライバックコンバータは非常に競争力のあるサイズ、コスト、および効率比を提供します。

2021年4月

一次側 vs 二次側レギュレーション

コンバータの設計に制御ループを実装するには、一次側レギュレーションと二次側レギュレーション (それぞれPSRとSSR) と呼ばれる2つの異なる方法があります。それぞれの方法には、独自の長所と短所があります。これらについては、上記のセクションで説明し、以下に要約します。

2021年4月

携帯機器向けの簡素化されたUSB Type-C電源管理の設計

USB Type-Cケーブルとコネクタは小さいですが、2つの電源 (VCONNとVBUS) 間の電圧範囲が広く、非常に用途が広く強力です。USB Type-C電圧を確実に処理および監視できるエレガントでコンパクトな設計を実現するには、OR回路と昇降圧回路を備えた集積電源デバイスを強くお勧めします。

2021年3月

EMCのスイッチノード配置に関する考慮事項

スイッチングレギュレータや電源変圧器の回路では、スイッチノードのレイアウトを慎重に検討する必要があります。スイッチノードの波形を理解し、適切なスイッチ配線サイズを決定し、近接場結合を最小限に抑える戦略を利用することが重要です。

2021年3月

完全一致: 降圧コンバータの電力損失と効率を高める方法

今日の高度に開発されたパワーICには、優れたパワーインダクタが必要です。共通の実装面積で標準電源を構築すると、設計時間と製造コストを削減できます。インダクタとIC間の最適なマッチングを決定することは、PCBスペース、および熱効率とコスト効率の点で最高の性能を達成するために最も重要なことです。

2021年2月

ブラシレス VS ブラシ付き: いつ、なぜ一方を選択するのか

一般的に使用されるDCモータには2つのタイプがあります。ブラシ付きモータ、およびブラシレスモータ (またはBLDCモータ)。その名前が示すように、DCブラシ付きモータにはブラシがあり、モータを整流して回転するために使用されます。ブラシレスモータは、機械的な整流機能を電子制御に置き換えます。

2021年2月

ACブリッジのアクティブスイッチによる効率の向上

強力な同期整流に基づくアクティブブリッジ・ソリューションは、従来のPFCのダイオードブリッジでの高い電力損失の問題を解決するための代替手段をすぐに提供します。順方向電圧降下が比較的一定のブリッジダイオードをMOSFETに置き換えることで、MOSFETのオン状態抵抗を低くして伝導損失を減らすことができます。

2021年2月

プログラマブル電源 (PPS) 対応USB Type-C昇圧および昇降圧ソリューション

USBシングルポートおよびマルチポート電源製品が提供可能になり、PPS機能による直接バッテリ充電など、多くのアプリケーションでより適切に制御するための拡張機能を備えています。USB-PDおよびPPS機能を必要とするUSB Type-Cポートに電力を供給するためのICとソリューションを提示しました。このようなソリューションにおける高効率、完全な保護機能、および多用途のプログラム可能な機能により、高性能で費用対効果の高い電力供給が実現します。

2021年2月

データシート上の温度パラメータとICジャンクション温度を理解する

この入門寄稿文は、今日のハードウェアエンジニアが、シータかプサイかを選択するかどうか、これらの値を計算する方法、そして最も重要なこととして、これらの値を実際の方法で設計に適用する方法など、データシートにある熱パラメータを解読する方法を理解するのに役立ちます。

2021年2月

不安定なスイッチング電源の原因を突き止め、安定させるためのクイックヒント

本稿では、スイッチング電源における診断の即応性問題を解くいくつかのクイックヒントを調べます。外部部品ネットワークを使ってレギュレータを安定させる方法と、外部補償ネットワークを使用するレギュレータの個別テクニックを紹介します。

2021年2月

統合補償ネットワークで降圧レギュレータの過渡性能を向上するために外部部品を使う

本稿では、MPQ4420で実証された、内部補償付き降圧レギュレータの過渡性能をさらに最適化するための体系的なアプローチを提供します。

2021年2月

可聴電源ノイズ

電源の可聴ノイズに対処するには、いくつかの解決策があります。特定の周波数を回避するように制御戦略を変更したり、ピーク電流を変更したりするなどのソリューションにより、可聴ノイズを減らすことができます。

2021年2月

リチウムイオンバッテリチャージャICベースの最大電力点追従システム

MP2731リチウムイオンバッテリチャージャICは、BOMから個別の電圧および電流検出回路を排除することにより、屋外IoTシステムのコストを効果的に削減します。高度に集積された低RDS(ON)により、コンパクトなPCB面積で高効率のシステムが可能になります。

2021年2月

USB PDを使用して携帯機器で高速充電を実現する方法

今日の消費者は、ビジネスセンターやショッピングモールにいるときでも、飛行機や電車を待っているときでも、どこにいても便利かつ迅速に携帯機器を充電したいと考えています。しかしながら、非常に多くの異なる種類の充電アダプタとコネクタがあり、何のための充電器なのか、どの充電器を手に取ればいいのか、エンドユーザーを混乱させてしまいます。消費者がさまざまな携帯機器 (電話、タブレット、ラップトップなど) 用に複数の異なる充電アダプタを携帯する必要があるとすると、すぐにも対応不可能になってしまいかねません。

2021年1月

力率改善 (PFC)

力率は、入力電源から取り出すエネルギーの総量に対する機器が出力に伝送できるエネルギーの比として定義されます。これは、特にEUなどの国や国際機関によって定められている規制により、電気機器の設計における重要な性能指数です。これは、欧州市場での販売のために機器が持つ必要のある最小力率または最大レベルの高調波を定義しています。

2021年1月

DC電源のノイズ低減と測定

DCスイッチング電源は可聴ノイズを生成する可能性があり、それはしばしばわずかな笛のように聞こえます。可聴ノイズはどこから発生し、どのように低減または排除できるのでしょうか? この寄稿文では、アプリケーションの測定と設計中にノイズを防ぐ簡単な方法について説明します。これを読めば、DC電源回路の既存または計画中のPCB設計に共通の弱点を見つけることができます。

2020年11月

MPSのICに最適化された表面実装型インダクタ

MPSの新しい表面実装パワーインダクタは、電源からパワーコンバータに至るまでのアプリケーション向けに設計されています。モールドでセミシールドシリーズのインダクタ範囲は0.33μH~22μHで、飽和電流範囲は0.8A~64Aです。

2020年11月

MP3424 単三電池の降圧ソリューション

昇圧DC/DCレギュレータにプログラム可能な定電流モードがあることは、低電圧バッテリなどの電力が制限された電源を持つアプリケーションに使用するのに最適なツールです。昇圧コンバータのスイッチピンを別の電源入力に使用すると、小さな補助電源でデバイスにバイアスをかけながら、バッテリ電源の潜在的な電力を最大限に活用します。

2020年10月

デジタル マルチフェーズ コントローラによるデータセンターへの電力供給

マルチフェーズソリューションは、データセンターなどの大電流・電力アプリケーションに電力を供給するという課題を解決するためのより優れた機能を可能にするデジタル制御に進化しました。デジタル制御ソリューションを使用すると、部品の選択、ループ / パフォーマンスの最適化、およびレイアウトの設計負担が大幅に軽減されます。これらの制御ソリューションは、全体的な設計時間、システムのトラブルシューティングを短縮し、最終的に市場投入までの時間を短縮します。

2020年9月

スイッチング電源の使用、利点、そして動作原理

スイッチングAC/DC電源は、わずかなサイズでパフォーマンスが向上するため、人気が高まっています。欠点は、それらの回路が非常に複雑であり、より正確な制御回路とノイズキャンセルフィルタが必要なことです。複雑さが増すにもかかわらず、MPSは、AC/DC電源の開発を容易にするシンプルで効率的なソリューションを提供します。

2020年9月

アナログ信号 vs. デジタル信号

本稿では、アナログ信号とデジタル信号の基本的な概念のいくつかと、それらの電子機器での使用法を紹介します。各テクノロジーには明らかな長所と短所があり、アプリケーションのニーズとパフォーマンス要件を知ることは、選択する信号を決定するのに役立ちます。

2020年9月

効率的な電源設計のためのライブデジタルソリューション (第2部)

MPSのHR121x製品ファミリは、デジタルおよびアナログ機能が豊富です。これらのPFC + LLCコンボコントローラは高度に集積されており、消費電力が削減されるため、待機電力アプリケーションに最適です。

2020年8月

AC/DC電源について理解する

AC/DC電源の設計方法は時間とともに変化しています。リニアAC/DC電源は、低周波数で動作し、余分なエネルギーを熱の形で放散することによって出力温度を調整するため、サイズと効率に制限があります。対照的に、スイッチング電源は、スイッチングレギュレータを使用してACをDC電力に変換するため、非常に人気があります。

2020年8月

COT制御の過去と現在

MPSのデジタルCOT制御は、多相、多ループ制御を実現できるだけでなく、相数構成、自動ループ補償、および設計を大幅に簡素化し、製品設計効率を向上させるその他の利点もサポートできます。

2020年8月

オペアンプの基礎

オペレーショナルアンプ (OPアンプ、以下オペアンプ) は、差動電圧入力を受け取り、単一端子電圧出力を生成するアナログ回路ブロックです。オペアンプは、入力間の電圧差を増幅するように機能します。これは、信号チェーン、電力、制御アプリケーションなど、さまざまなアナログ機能に役立ちます。

2020年8月

効率的な電源設計のためのライブデジタルソリューション (第1部)

さまざまな電子製品の継続的かつ急速な開発に伴い、高効率電源の設計要件は絶えず進化しています。教科書で定義されている高効率変換回路は、定格動作条件下で高効率を達成することが要件の1つにすぎないため、市場の実際のニーズを満たすことができなくなりました。

2020年8月

電源設計でインダクタの飽和を回避する方法

インダクタの飽和動作は誤解されることが多く、トラブルとなる場合があります。本稿では、インダクタが飽和する方法、飽和が回路に与える影響、およびインダクタの飽和を検出する方法について説明します。

2020年8月

ザイリンクス リファレンスデザイン: MPSは高性能FPGA電源ソリューションを発表

FPGA分野のリーダーとして、特に無線通信や人工知能の分野において、Xilinxはさまざまなアプリケーション向けのプラットフォーム設計ソリューションを立ち上げました。高性能FPGAの電力設計要件が複雑化し続ける中、電源エンジニアはより多くの課題に直面し始めています。

2020年8月

電圧レギュレータの種類と動作原理

電圧レギュレータ (VR) は、電源からの電圧を他の電気部品と互換性のある範囲内に保ちます。電圧レギュレータはDC/DC電力変換に最も一般的に使用されますが、AC/ACまたはAC/DC電力変換を実行できるものもあります。本稿では、DC/DC電圧レギュレータに焦点を当てます。

2020年7月

リチウムイオン電池用給電制御ICの選択方法

リチウムイオン電池は現代の家電製品やシステムで使用され続けているため、より効率的で費用対効果の高い方法を継続的に評価することが不可欠です。MPSは多くのアーキテクチャとチャージャを提供していますが、特にMP2731のような製品を使うとプロセスを効率化できます。

2020年7月

小さいことが最重要なら: 世界最小の真に完全なICEncoder®、MA782ホールエンコーダのご紹介

TMA782のセンシングコアは、面内磁場の方向を測定する集積ホール効果デバイスのアレイに基づいています。8ビットから12ビットの角度分解能を生成する高速デジタルフィルタと効率的なSPI通信により、非常に動的なシステムの場合、6.25μsという短い制御サイクルが可能になります。SpinAxisTM法では、最小限のキャリブレーションが必要であり、ゼロ点シフトと可能な対称性補正のみに制限されます。

2020年6月

複数のリチウムイオン / リチウムポリマー電池向け統合ソリューション

マルチセル用バッテリチャージャの従来のソリューションは、複数のディスクリートパワーMOSFETと複数の補助部品で構成されています。

2020年6月

電源モジュールはPCIeアクセラレータカードをより強力にする

主要なインターネット企業、クラウドコンピューティングサービスプロバイダー、および通信サービスプロバイダーは、サーバーコンピューティングのパフォーマンスとデータ処理速度のさらなる向上を求めています。従来のCPUは、今日のデータ処理要件を満たすことができなくなりました。

2020年6月

設計をスピードアップするMPSシミュレーションツール

予期せぬパンデミックにより、世界中の設計スケジュールが混乱しました。設計チームは在宅勤務をしなければならないため、製造業者は多くの製品の生産遅延やキャンセルさえも経験しています。MPSシミュレーションツールは、ユーザーが設計プロセスをスピードアップするのに役立ちます。

2020年6月

電源アプリケーションにおけるデジタル通信

電力コンバータにデジタル制御および通信機能を追加すると、システム設計が合理化され、柔軟性と信頼性が向上するため、これらのデバイスを最新の電子システムにうまく統合できます。

Originally published in EDN

2020年6月

EMCの試験計画と主要な成功要因

電磁両立性 (EMC) 試験は、開発者やプロジェクトマネージャにとって困難な場合があります。社内試験の結果が期待通りになることはめったになく、開発中に追加の障害が発生する可能性があります。

2020年5月

ステッピング・モータの基本: タイプ、用途、および動作原理

 

本稿では、ステッピング・モータの基本について説明します。ステッピング・モータの動作原理、構造、制御方法、使用法、種類、およびその長所と短所について学習します。

2020年4月

MPSの最新の入力12Vマルチフェーズソリューションで高速負荷過渡応答性能を実現

MPSは、効率を高め、非常に高速な過渡性能を実現し、コストとスペースの両方を節約する能力をお客様に提供します。かさばる出力コンデンサが必要なく、当社の部品は超小型のパッケージサイズで入手できるので、PCBの実装面積を最小限に抑えることができます。

2020年3月

MPSの電源モジュールで未来を加速

電源モジュールは、電源管理の進化の次のステップです。設計要件が厳しくなり、使用可能な基板スペースが縮小し続ける中で、エンジニアは最小の実装面積で優れた性能を発揮できるソリューションを必要としています。

2020年3月

MP8859: I2C制御を備えた統合DC/DC昇降圧コンバータ

MP8859は、3Aまでの出力電流を必要とするさまざまなUSB PDまたはポータブル・バッテリ機器に最適な用途の広い昇降圧コンバータです。I2Cが設定可能なため、評価をスピードアップし、設計時間を短縮しながら、簡単に調整できます。

2020年3月

自動車のコールドクランク状態に対応する、簡単で費用効果の高い事前昇圧

ほとんどの12V自動車システムの電力段は、通常、出力電圧を5Vまたは3.3Vに調整するシングル降圧コンバータで構成されています。レギュレータが低ドロップアウトモードで動作を開始した場合でも、ほとんどの回路は入力電圧の低下の影響を受け、機能を停止する可能性があります。

2020年3月

車載用LEDドライバ設計: EMC準拠を確保するためのグッドプラクティス

ますます多くの自動車メーカーがLED照明技術を採用し、ハロゲン電球から離れています。LED 照明システムには、列にあるデバイスの数、必要な電流、調光、およびその他の要因に応じて、さまざまな電源要件があります。

2020年3月

現代の効率はデジタルの柔軟性によって支えられている

PFCステージは、単純電流臨界モード (CrM) または連続導通モード (CCM) といった従来のオプション以外のマルチモード制御方式から大きな利益を受けることができます。

Originally published in ElectronicDesign

2020年2月

MagAlphaの回転式磁気センサをサイドシャフトモードで使用する

機械的および磁化許容度は、サイドシャフトモードにおけるセンサの直線性に大きく影響することに留意する必要があります。その結果、最終的な設計が期待を満たすためには、これらの許容度を考慮する必要があります。最初のパスでシミュレータを使用して初期設定が見つけ、アドバンスパラメータセクションでさまざまな許容値を追加して、さらに一連のシミュレーションを反復して実行することをお勧めします。

2020年2月

MA800ファミリ非接触角度センサはロータリスイッチアプリケーションの信頼性を向上

MA8xxファミリの独自の柔軟性により、設計者は、回転インタフェースアプリケーションの信頼性を向上させる革新的な方法を提供すると同時に、エンドユーザーの経験に高い機能性を追加できます。小型で費用対効果が高く、多種多様な消費者向け、産業用、車載用途に適しています。

2020年2月

MagAlphaセンサに適した磁石の選択

適用要件と目標コストに応じて、正確な磁石のサイズ、形状、および材料を選択する必要があります。本稿では、トレードオフと、アプリケーションに最適な磁石を選択する方法について説明します。

2020年2月

モータードライブにMOSFETドライバーを使用する 

本稿では、プリドライバICとパワーMOSFETを備えたモータードライブで使用するのに最適な部品を選択するための実用的な情報を提供します。モータードライブのデザインで適切なICと関連部品を選択するのに役立ちます。

2020年1月

5G基地局の複雑さが低EMI DC/DCモジュールソリューションの必要性を促進

5Gは「大規模な多入力多重出力」(大規模MIMO) アンテナアレイと呼ばれるものを使用して、基地局ごとにより多くのデータ接続を可能にします。

2020年1月

MagAlpha MAQ430とMAQ470の紹介: 12 ビット、車載グレードの磁気角度センサ

車両が運転者を支援する技術やシステムを統合するにつれて、車両の角度、運動や回転の測定がますます重要になっています。ユーザーインタフェースの数を簡素化するために、多くの車両システムオプションは、単一のロータリノブセレクタを介して制御可能になりました。同時に、シート位置、ドア閉鎖、テールゲート機構など、以前の多くの手動機能が電動化されており、モータの回転、位置、速度の制御が必要です。どちらのアプリケーション領域でも、磁気角度センサは、角度、回転位置、または速度を測定するための信頼性が高く非接触な方法を提供します。

Originally published in CODICO Impulse.

2019年12月

コンシューマおよびRFに敏感なアプリケーション向けスイッチングレギュレータにおけるEMIの最適化

高効率スイッチング・レギュレータは、コストを削減する単層PCBを使用することで、生産をシンプルにすることができます。同じ実装面積で3レベルの出力電流が可能で、システムエンジニアは、PCBを変更せずに異なるデバイスに切り替える柔軟性が得られ、追加の時間とコストを節約できます。

2019年11月

簡単でインテリジェント、高電力密度: PMBus互換のモノリシック30A DC/DCレギュレータは、最大8相を並列接続し、240A以上を出力可能

MPQ8645Pを使用すると、コンポーネントの選択、最適化、およびレイアウトの設計負担がなくなり、全体的な設計時間、システムのトラブルシューティングが短縮され、最終的には市場投入までの時間が短縮されます。

2019年11月

DC/DC電圧レギュレータの出力電圧リップルの測定と低減

本稿では、DC/DC電圧レギュレータの出力リップルのソースを分析し、異なる測定セットアップを比較し、出力リップルを減らす方法について説明します。

2019年11月

MP6540 / 40A - 35V、3A、モノリシック三相ドライバでコンパクトなブラシレスDCモータ設計を実現

近年、消費者が日常的な家電製品の「スマート機能」を期待し評価するようになり、基本的な機械機能を自動化するための小型電動機の使用が増えています。これらの電動機構は、アクチュエータのカテゴリに分類することができ、民生機器、家庭および産業オートメーション、自動車エレクトロニクスなどの多様な用途に見られます。

2019年10月

MPM3515-AEC1 車載用電源モジュールの紹介

MPM3515-AEC1は、MPSの36V、1.5A、高電圧、車載グレードの電源モジュールです。この製品は、MPM電源モジュールファミリの主な利点である、非常にコンパクトなサイズ、使いやすさ、および高性能を継承しています。

2019年10月

革新的なパワーパス管理を備えた高集積バッテリ給電ソリューション

The MP2696Aは、シンプルなMCUとともに、モバイルバッテリまたは充電ケースアプリケーション向けのコンパクトな設計ソリューションを提供します。

2019年10月

MPQ3326-AEC1 16チャネル車載用LEDドライバを使用したアプリケーション

最新の位置調整可能なヘッドライトビームから洗練されたキャビン内のムード照明まで、個々のLED制御、色、および明度を組み合わせることで、自動車がスタイルと訴求力を得るより大きな可能性を拓きます。

2019年10月

サーバー設計のためのシンプル、コンパクト、エレガントなホットスワップソリューション

ホットスワップソリューションに組み込むことにより、システムの動作を手元のニーズに適合させることが可能になり、反復的で労働集約的な活動がなくなり、エンジニアは縮小するスペースの制約と厳しいプロジェクトの納期に対処できます。

2019年9月

低EMI DC/DCコンバータ用のPCBデザイン

特に厳しい既定のある業界でPCB設計をするときの注意点について説明します。

2019年8月

MagAlphaデジタルフィルタを理解する: MA732およびMA330の利点

本稿はMPSのMagAlpha 磁気回転式アングルセンサファミリに関する第2部にあたります。独自のSpinaxis™ センシングテクノロジーが最終出力分解能を達成するためにデジタルフィルタリングを使用するのか説明し、プログラマブルなフィルタ設定機能付きのMA732とMA300を紹介します。センサは、フロントエンドのホール要素のアレイを介して角度をサンプリングした後、ノイズを削除し最終出力分解能を増大させるカルマン型のデジタルフィルタにサンプルを蓄積します。

2019年8月

MP38222 - 光モジュールのためのシンプルでコンパクトな電源ソリューション

本稿では、光学モジュールやその他のスペースに制限のあるアプリケーションに適した、高性能、6V入力、デュアル2A電源モジュールであるMPM38222を紹介します。デュアル2Aのトータルソリューションは、90%の効率で9mm x 7mmの面積に収まり、EN55022クラスBに適合します。 MPM38222は、小型のQFN-14 (4mm x 4mm x 1.6mm) パッケージ品です。

2019年8月

MagAlpha磁気角度センサファミリの紹介

ポテンショメータは安価ですが、可動接点ベースのアセンブリであるという欠点があります。これにより、機械的接点の摩耗や、湿気や汚れの侵入などの外部環境要因による損傷を受けやすくなります。光学式エンコーダは高精度を提供しますが、その構造が複雑であるため、価格が高くなります。エンジニアは、ホール効果センシングを実装する非接触回転磁気角度センサーを使用することで、このジレンマを解決できます。

2019年7月

動的速度オブザーバを利用したPMSMのフィールド指向制御

本稿では、PMSM FOCの有望なソリューションを、低コストの磁気角度センサと動的オブザーバを組み合わせて正確なロータ速度を推定する方法として紹介します。このアルゴリズムは、MPSのモータ制御ASICに実装されています。MA702は、高解像度のオンボード角度センサを提供するため、アルゴリズムは高次元の逆行列計算を回避します。

2019年6月

正確で高精度な車載製品用極限温度試験

ICメーカーが製品を正確に設計および試験して、極端な低温または極端な高温を含むすべての温度範囲で期待どおりに機能することを確認できることが非常に重要です。

Originally published in ednasia

2019年6月

モータ・ドライバPCBレイアウトガイドライン - 第2部

本稿の第1部 では、モータ・ドライバICを使用してプリント回路基板 (PCB) を設計するための一般的な推奨事項をいくつか示しました。これには、適切な特性を得るために注意深いPCBレイアウトが必要です。第2部では、一般的なモータ・ドライバICパッケージを使用するための特定のPCBレイアウトの推奨事項について説明します。

2019年5月

チャージャICのパワーパス管理

DPPM制御ループは、入力ソース電流能力と負荷電流レベルに基づいて、給電電流を動的に調整し、特定のソースおよびシステム負荷での最小充電時間を達成します。DPPMを使用すると、入力電源が適用されると直ちに、バッテリが深く放電されても、システムは電力を得ることができます。システムの電圧調整方法についても論じます。

2019年5月

モータ・ドライバ PCBレイアウトガイドライン - 第1部

モータ・ドライバICは大量の電流を供給し、かなりの電力を消費します。一般に、この電力はプリント回路基板 (PCB) の銅領域に消費されます。適切な冷却を確保するには、特別なPCB設計技術が必要です。 この記事の第1部では、モータ・ドライバICを使用するPCボードの設計に関する一般的な推奨事項について説明します。

2019年4月

スケーラブルなカレントシェアリング電気ヒューズ向けソリューション

MP5921は、ホットスワップおよび電気ヒューズ向けソリューションに必要な任意の電流範囲をサポートするように拡張できます。MP5921は、4 x 5mmパッケージ、定格電流60Aで、非常に高密度のホットスワップ / 電気ヒューズ向けソリューションを提供します。各MP5921には、損傷したMOSFET、内部MOSFETの過熱状態、ソフトスタート用ウォッチドッグタイマ、および過電流保護を監視する保護機能が組み込まれています。

2019年4月

MPSのSmart-Rampテクノロジー - 電圧変化によって引き起こされる可聴ノイズのソリューション

プロセッサの入力電力に対する電圧レベルの変更は、今後多くのPC世代で使用される可能性が高い必要な省電力機能です。これらの変更によってPCに可聴ノイズが発生した場合、メーカーはプラットフォームを市場で実行可能にするための選択肢がほとんどなく、あるものも費用が高くかかりました。MPS スマートランプ可聴ノイズリダクションテクノロジーは、PCメーカーに簡単に実装できる効果的なオプションを提供します。

2019年3月

ポータブルおよびバッテリ駆動アプリケーション向けに最適化された機能を備えた、高電力、完全集積、同期整流昇圧コンバータ

MPSのMP3432は、バッテリ駆動システムの第一段階に最適です。MP3432&は、携帯機器アプリケーション用のバッテリ入力ターゲットからシステムに30~40Wの電力を供給でき、スタンバイモードとアイドルモードで可能な限り低い電力を消費しながら、非常に低い電流レベルで高効率を提供し、その結果、バッテリ寿命とアプリケーションの動作時間が長くなります。

2019年3月
新しいLEDドライバモジュールで車載用照明によくある課題に取り組む

車載用電子機器の最大のトレンドの1つは、照明用LEDの普及です。これは、長寿命、小型、低消費電力という本質的な利点が、今日の環境に配慮した車両のニーズと完全に調和しているためです。今日、LEDは車内やその周辺に数十個見られます。内側には、アクセントとムードの照明、表示灯、デジタル画面のバックライトがあります。外側では、ターニングやポジションインジケータから、フォグやデイタイムランニングライトまで、あらゆるものに最適です。LEDは、たった数年前の時点で主にハロゲンベースまたはキセノンベースであった高出力ヘッドランプの主役になると予測されています。

2019年3月
MPSの電源モジュールはザイリンクス Zynq UltraScale+ RFSoCにコンパクトで超低ノイズのソリューションを提供

ワイヤレスネットワークとデータセンターの帯域幅の増加によって駆動される高性能FPGAおよびASICアプリケーションが増加し、高電力密度、高速負荷過渡応答、およびインテリジェントな電源管理機能を備えた電力レギュレータが必要となります。ザイリンクス ZYNQ UltraScale+ RFSoCは、マルチギガサンプルRFデータコンバータとソフトデシジョン前方誤り訂正 (SD-FEC) をSoCアーキテクチャに集積します。

2019年3月

超低ノイズアプリケーションに向けた降圧レギュレータのパッシブフィルタ設計コンセプト 

スイッチモード電源 (SMPS) には、従来の低ドロップアウト (LDO) レギュレータと比較して効率が高いという利点があります。そのスイッチングの性質により、SMPSはそのスイッチング周波数とその高調波でノイズを放出します。本稿では、SMPSレギュレータで超低出力電圧ノイズを実現するためのフィルタリングを設計する手順について説明します。単段容量性フィルタは、DC/DCコンバータのアプリケーションに一般的に使用されます。

Originally published in Codico

2019年2月

スマートライティングのための全統合電源ソリューション

スマートライティング機器はハブとして使用でき、IoTシステムおよびスマートホーム / スマートオートメーションネットワークの主要コンポーネントとして統合できます。本稿では、スマートライティング、特にスマート電球の電源ソリューションに焦点を当てます。

Originally published in Power Electronics Europe

2019年2月
MPSのMP2888Aが2018年の世界エレクトロニクスアチーブメント賞「パワーマネジメント / 電圧コンバータ・オブ・ザ・イヤー」を受賞

2018年の世界エレクトロニクス・アチーブメント・アワードのリストが、電子技術分野における世界最大のメディアグループ、アスペンコア (ASPENCORE) が主催するグローバル・ダブル・サミットで発表されました。MPSのMP2888Aは、業界初の10相デジタルコントローラとして「Power Management / Voltage Converter of the Year (パワーマネジメント / 電圧コンバータ・オブ・ザ・イヤー)」のタイトルを獲得しました。MPSは、この賞を受賞した3社のうちの1社です。

Originally published in WeChat.

2018年12月
DCモータ・ドライブのエネルギーリサイクル

永久磁石モータ・ドライブで移動質量を減速する場合、機械システムに蓄積されたエネルギーは、モータ・ドライバを介して電源に戻される場合があります。このエネルギーが適切に考慮されていない場合、電源電圧の上昇を引き起こし、モータ・ドライバまたはシステムの他の部分に損傷を与える可能性があります。

本稿では、このエネルギーを安全に放散する方法を見ていきます。例を簡略化するために、DCブラシモータが示されています。これはブラシレスモータシステムにも当てはまります。

Originally published in EDN.

2018年11月
ウェアラブルアプリケーションにおけるリニアチャージャ

ウェアラブルデバイスはますます私たちの生活に統合されています。フィットネス機器での使用に加えて、医療、エンタテインメント、セキュリティ、金融などの他の分野にも進出しています。すべてのアプリケーションで、バッテリ寿命と部品サイズが2つの重要な懸念事項です。ウェアラブルデバイス内のメインボードのサイズが小さく、BOMが低い必要があります。つまり、メインボード上の各ICには、小さなパッケージと高度な統合が必要です。

本稿では、ウェアラブルアプリケーションにおける、サイズ、プログラマビリティ、バッテリ寿命などの共通課題と、MPSのリニアチャージャMP266x製品ファミリがいかにそれらの問題を解決するかについて考えます。

Originally published in Bodo's Power Systems (page 78).

2018年11月
Vcore DrMOS最適化のためのPCB上ACR損失の解析とシミュレーション

プリント基板 (PCB) のメインループリップル電流抵抗損失は、スイッチング電源損失要素として無視され、見落とされることが多いです。これらの損失は、高電流のVcoreや高リップル電流で動作する他のアプリケーションにとって大きな損失になる可能性があります。Ansys社のQ3D Extractorソフトウェアは、代表的なVcore電力段のPCBレイアウトでメインループリップル電流の周波数依存抵抗を抽出するために使用されています。この損失成分を含めると、スイッチング周波数の関数としてモデル化され、測定された総損失の間の相関が大幅に向上します。負の周波数係数のPCBと能動素子の損失、および制の周波数係数のMOSFETの従来型のスイッチング損失間におけるバランスポイントのピークの効率を実現するスイッチング周波数を最適化するための分析表現が開発されました。

Originally published in EDN.

2018年9月
容量性絶縁: 将来のAC/DC電力変換における基本的な構成要素

容量性絶縁は、信号アイソレータ、絶縁ゲートドライバ、絶縁トランシーバ、およびその他のアプリケーションの光カプラを置き換えるために過去10年間に開発された成熟したソリューションです。ただし、オフラインアダプタのフォトカプラを置き換えるために容量性絶縁を使用する可能性は、しばしば無視されます。この記事では、容量性分離が将来のAC/DC電力変換の基本的な構成要素になる理由、そして他のアイソレーションテクノロジーの性能をどのように超えるか、またエンドアプリケーションにもたらす独自の利点について説明します。

Originally published in Power Systems Design.

2018年9月
プラグアンドプレイのデジタルプログラマブル電源モジュールで、電源の高速プロトタイピングが可能に

電源設計者は、製品開発中に、スケジューリングの超過とコストの超過という2つの課題に直面することがよくあります。仕様の変更と目標仕様の未達は、プロジェクトの遅延と予算超過の最も一般的な理由の2つです。目標仕様を満たすために、電力エンジニアはプロトタイピング段階で電源の完全な再設計を行う必要がある場合があります。見過ごされがちですが、電源はすべてのハードウェア製品の中で最も重要な部分の1つです。高効率の電源設計は、システム全体の冷却要件に直接利益をもたらし、それによって最終製品のコストと体積を削減します。低ノイズの電力ソリューション設計により、最終製品がIECEN61000などの該当するEMI規格に合格することが保証されます。データトランシーバやDAC / ADCなどの一部のアプリケーションでは、製品のパフォーマンスは電源の設計とノイズレベルに大きく依存します。

Originally published in Power Electronics Europe - September 2018.

2018年9月
チャージャICで多様なアプリケーション

USB Type-Cの普及に伴い、USB電力供給をサポートするための追加コストを発生させることなく、標準のUSB電源から最大15Wの電力を引き出すことが可能になりました。MPSのMP2639AチャージャICは、その機能の多様性、制御の柔軟性、および高い信頼性により、電気POS (point-of-sale) マシン、Bluetoothスピーカ、電子タバコ、モバイルバッテリなどのさまざまなアプリケーションに最適です。

Originally published in Bodo's Power Systems (page 36).

2018年8月
医療用超音波高電圧アナログスイッチ

高電圧アナログスイッチは、医療用超音波システムにおいて、システムおよび超音波プローブヘッドの双方で使用されています。MPSの高電圧アナログスイッチは、高電圧電源の必要性を排除することで電源設計を簡素化し、システム全体のコスト削減へとつなげ、サイズを縮小して信頼性を高めます。

Originally published in Electronic Design.

2018年6月
高性能ソレノイドドライバ

ソレノイドドライバは、機械システムで線形または回転動作を提供するために多くのアプリケーションで使用されます。ソレノイドの駆動は、電流のオンとオフを切り替えるのと同じくらい簡単ですが、多くの場合、ソレノイドを駆動するための専用ICを使用するとより良い性能を得ることができます。本稿では、駆動回路がソレノイドの電気機械的性能にどのように影響するかを調べます。単純なスイッチと電流調整ドライバの2つの異なる駆動回路を比較します。ソレノイドの消費電力を制限する省エネ技術についても説明します。

Originally published in Electronic Design

2018年5月
MagAlpha MAQ430とMAQ470の紹介: 12 ビット、車載グレードの磁気角度センサ

車両が運転者を支援する技術やシステムを統合するにつれて、車両の角度、運動や回転の測定がますます重要になっています。ユーザーインタフェースの数を簡素化するために、多くの車両システムオプションは、単一のロータリノブセレクタを介して制御可能になりました。同時に、シート位置、ドア閉鎖、テールゲート機構など、以前の多くの手動機能が電動化されており、モータの回転、位置、速度の制御が必要です。どちらのアプリケーション領域でも、磁気角度センサは、角度、回転位置、または速度を測定するための信頼性が高く非接触な方法を提供します。本稿では、MPSの車載グレード角度センサ MagAlpha MAQ470およびMAQ430をそのようなシステムで使用する方法について説明します。

Originally published in CODICO Impulse.

2018年5月
 学校で同期整流について教えていないこと - 実際の設計から選んだ厳選トピック

近年、世界の規制当局は、世界のエネルギー節約をさらに改善するための効率基準を提案しています。製造業者は、既存のスタンドアロン電源製品を米国市場に販売するためには、DoEのレベルVIを満たすようそれらの効率を改善することが義務付けられています。さらに、メーカーは、EUのCoC V5 Tier 2など、他のエネルギー仕様で製品を設計することも期待されています。

Orignally published in Bodo's Power Systems

2018年5月
インテリジェントなDC/DC電源モジュールで最大250A出力電流を実現

ワイヤレスネットワークとデータセンターの帯域幅の増加によって駆動される高性能FPGAおよびASICアプリケーションが増加し、高電力密度、高速負荷過渡応答、およびインテリジェントな電源管理機能を備えたパワーレギュレータが必要となります。内蔵インダクタを備えたMPSの高度な電源モジュール MPM3695シリーズは、FPGAとASICに電力を供給するための多様なソリューションを提供します。MPM3695シリーズは、複数部品によるPOLソリューションと比較して最大60%の高い電力密度、簡略化されたPCBレイアウトと電力段設計を提供し、しかも最小限の外部部品、パワーコンバータおよび補償ネットワーク設計に対する最低限の専門知識しか必要としません。

Orignally published in Power Electronics Europe

2018年5月
メルセデスベンツ EクラスのUSB給電モジュール分解 - MPQ448xファミリが以下に設計をシンプルにするか

今回はじめて中国のメルセデス・ベンツ車の新しいEクラスラインで12-USB充電ポートのデザインを見ました。車の内部に12のUSBポート? これは可能だとさえ知らなかった信じられないほどの偉業でした。車内に単一のUSB充電ポートを設計することさえ非常に特別で、保護と電圧変換機能を考慮することは困難であることを知っていましたから、驚くべきことでした。では、その12のポートはどのように設計するのでしょうか? 本稿では、車載USB給電について触れ、MPSのMPQ448xモジュールがどのようにその機能を達成したかについて言及します。

Originally published in WeChat (Chinese).

2018年1月
48V配電の2段階ソリューションを使用したデータセンターの電力密度と効率の向上

現在のデータセンターでは、通常12Vのバックプレーンと配電が基板上に用意されており、電圧を約1Vに変換する必要があります。これは通常、シングルフェーズまたはマルチフェーズの同期整流降圧レギュレータで実現されます。これらのデータセンターのラックは通常、最大20kWの電力定格になります。業界では、これらのデータセンターのサイズを縮小するために、ラックあたりの電力密度を約100kWに増やす必要があります。これは、48Vのバックプレーンと配電で実現できますが、このアプローチにはいくつか課題があります。ボードまで48Vを駆動するには、従来の同期整流降圧レギュレータは信頼できません。では、コストを増やすことなく、データセンターの密度をどのように高めるのでしょうか。本稿では、次世代のサーバー電力供給に役立つ柔軟で拡張可能な費用効果の高い方法で、48Vを負荷ポイント (POL、約1~5V) まで駆動する2段階のソリューションの概要を説明します。

Originally published in Power Electronics News

2017年10月
MPSのスマートランプテクノロジー - 電圧変化起因の可聴ノイズに対するソリューション (英語: PDF)

Audible noise in voltage regulator (VR) systems has been a problem for a very long time now. In the PC industry, the issue became more pronounced as the CPU became responsible for significant and repetitive voltage changes that induced noise through the VR. Those voltage changes, along with the physical properties of ceramic capacitors and the motherboard, produce an audible noise problem for the PC manufacturer with no good solutions so far. MPS had addressed the voltage change-induced audible noise issue by introducing MPS Smart-Ramp technology.

Originally published in AllAboutCircuits.

2017年5月
新しいLEDドライバモジュールで車載照明の共通課題に取り組む (英語: PDF)

LED lighting is one of the fastest growing segments in automotive electronics, but it is not without its own unique challenges. This article describes several major constraints facing today’s lighting designers and explores how these can be addressed by MPS’s new MPM6010-AEC1 automotive LED module.

Originally published in Codico Impulse.

2017年3月