MEZS7-1S-4SPDChargerリファレンスデザイン


リファレンスデザインをダウンロード

役立つ情報を毎月お届けします

購読する

プライバシーを尊重します

概要

MEZS7-1S-4SPDチャージャは、MP2760およびCCG3PAを使ったPDアプリケーション向けのソリューションモジュールで、PD3.0およびBC1.2プロトコルをサポートしています。MP2760は、1セルから4セルを直列に接続するバッテリパック用に設計された昇降圧チャージャです。このデバイスは、ソースモードのINピンに3V〜21Vの幅広い電圧を供給します。これは、USB PD仕様に準拠しています。CCG3PAは、PDプロトコルを処理するサイプレスのPDコントローラです。

ボードにはDRP Type-Cポートが含まれます。アダプタが挿入されると、ポートはUFPとして機能し、最大5Aの充電電流でバッテリを充電します。負荷が挿入されると、ポートはDFPとして機能し、バッテリからUSBに電力を供給します。

このボードは、狭電圧DC (NVDC) パワーパス管理をサポートしているため、タブレット、MID、スマートフォンなどのさまざまなポータブルアプリケーションに最適です。その低インピーダンスのパワーパスは、効率を最適化し、バッテリの充電時間を短縮し、バッテリの寿命を延ばします。

パフォーマンスの概要 (1)

特に記載のない限り、仕様はTA = 25°Cにおけるものです

パラメータ 条件
入力電圧 (VIN) 範囲 4V〜22V
バッテリ充電調整電圧 (VBATT_REG) 8.4V (I2C設定可能)
急速充電電流 VIN = 9V to 20V 5A (I2C設定可能)
ソースモードでの出力電圧 (VIN_SRC) 3V〜21V
給電の標準的な効率 VIN = 20V、VBATT = 8V、ICC = 5A 93.49%
給電のピーク効率 VIN = 12V、VBATT = 8V、ICC = 3A 96%
ソースモードの標準的な効率 VBATT = 7.4V、VIN_SRC = 20V、IIN_SRC = 1.5A 93.5%
ソースモードのピーク効率 VBATT = 8.4V、VIN_SRC = 12V、IIN_SRC = 1.5A 96.37%
スイッチング周波数 (fSW) 600kHz (I2C設定可能)

1) 詳細については、MP2760データシートをご参照ください。


評価ボード

LxWxH (8.9cm x 8.9cm x 0.16cm)

ボード型番 MPS IC型番
MEZS7-1S-4SPDCharger MP2760GVT

クイックスタートガイド

MEZS7-1S-4SPDチャージャは、PDアプリケーション用のM2760を使用したリファレンスデザインであり、DRP Type-Cポートを備えています。そのレイアウトは、最も一般的に使用されるコンデンサに対応しています。2つのセルが直列接続されたリチウムイオン電池では、充電電流が5A、充電全電圧は8.4Vにプリセットされています。USB On-The-Go (OTG) モードでは、出力は5V/3Aにプリセットされています。すべての充電 / 放電パラメータは、CCG3PAによって設定されます。ユーザーは、ボードの設定ヘッダを通じて独自のコードをCCG3PAにダウンロードできます。

  1. 負荷を次へ接続します。
    1. プラス (+): VSYS
    2. マイナス (-): GND
  2. バッテリ端子を以下に接続します。
    1. プラス (+): VBATT
    2. マイナス (-): GND
  3. バッテリシミュレータを使用している場合は、バッテリ電圧を0V〜8.4Vにプリセットしてから、オフにします。バッテリシミュレータポートを以下に接続します。
    1. プラス (+): VBATT
    2. マイナス (-): GND
  4. バッテリ電圧が存在することを確認します(バッテリシミュレータを使用している場合は、シミュレータをオンのままにします)。
  5. 充電モードのテストでは、Type-CポートをUSB Type-C to Type-CまたはType-A to Type-Cケーブルでアダプタに接続します。充電モードが自動的に開始されます。
  6. ソースモードテストの場合は、USB Type-C to Type-C、Type-C to Micro-B、またはType-Cから照明ケーブルを使用してデバイスをType-Cポートに接続します。ソースモードが自動的に開始されます。

図1に測定機器のセットアップを示します。

図1 : 測定機器のセットアップ


評価ボードの回路図

図2 : 評価ボードの回路図


ソリューションモジュールのテスト結果

性能曲線と波形は評価ボードでテストされます。特に記載がない限り、CIN = 5 x 10µF + 1 x 1µF、CSYS = 5 x 22µF + 1 x 1µF、CBATT = 2 x 22µF、L = 1.5µH (10mΩ), TA = 25°Cです。