MagAlpha位置センサの使用例 : パワードリル

役立つ情報を毎月お届けします

購読する

プライバシーを尊重します


本事例では、BLDC電動工具へのMagAlpha角度センサのアプリケーションを検討します。

Power Drill

MPSの精密角度ソリューションを使用して、3つのホールセルすべてを1つのMA102に置き換える

電動工具では、効率と信頼性のためにブラシレスDCモータを使用することが多くなっています。従来、これらのモータは、ロータ磁石の近くに3つの個別のホールセルを配置することで転流されていましたが、これにはモータ固定子との正確な位置合わせが必要で、製造中に追加のキャリブレーションステップが必要になることが多く、費用が増加する余分な製造ステップが発生します。

MPSの精密角度ソリューションを使用して、3つのホールセルすべてを単一のホールセルMA102に置き換え、UVW出力を提供して、モータをより高い角度精度で転流し、それによって部品数を減らし、効率を最大化します。さらに、MA102のアライメントは電子的に調整されるため、コストのかかる追加のキャリブレーション製造工程が不要になります。

付加機能は以下のとおりです。

  • UVW出力は個別のホールセルの出力を復元するため、ファームウェアの変更が不要
  • 非接触センシングによる長寿命
  • MA102は0.6度の磁気精度を実現
  • トルク計算の速度と位置を提供できるMA302 (ドロップイン互換) にアップグレード可能
  • 小型3 x 3mm2 QFNパッケージ
  • UVW出力の12ビット再現性
  • 0〜60,000rpmのモータ速度で、正確な角度測定を実現する高速アクイジション
  • 8ビットの角度読み出しおよびチップ設定用のSPIシリアルインタフェース
  • 2極磁石を使用した1〜8極ペアエミュレーションによるブロック転流用UVW信号、差動信号用に提供される補数 / UVW信号
  • 診断チェックのためのプログラム可能な磁場強度検出
  • サイドシャフト取り付けのリニアライゼーション
  • 3.3Vの供給電圧
  • -40°C〜+125°Cの動作温度


Power Drill Shutter Stock