360°サラウンドビューカメラ

360° サラウンド ビュー カメラは、車の全景図を提供し、通常はキャビンのヘッド ユニットにある LCD ディスプレイに直接表示することで、ドライバーの死角をなくします。この画像は、車両の周囲に配置された複数のカメラ (通常は少なくとも 4 つ) から作成された合成です。バックアップ カメラからの進化の次のステップと考えられることもありますが、360° サラウンド ビュー カメラ システムは、消費者の安全性と利便性を向上させるために先進運転支援 (ADAS) 機能がますます多くの新しい車両に追加されるにつれて、人気が高まっています。これらのサラウンド ビュー カメラ システムは、車線逸脱や衝突警告、移動物体検出、交通標識認識などの最先端の安全機能を有効にするために、高度な集積と高速データ処理を提供する必要があります。これらの高度な新機能により、ISO26262 安全規格への準拠と EMI 緩和に加えて、設計が複雑になり、エンジニアの考慮事項も増えます。

当社の優れた電源管理ソリューションのポートフォリオには、降圧および昇圧コンバーター、リニア レギュレーター、終端レギュレーター、および降圧スイッチャーが含まれます。これらの車載グレードの部品は、システム設計を簡素化し、ソリューション全体のサイズを最小限に抑えながら、厳しい温度および EMI 要件を満たします。

MPS の非常にコンパクトで効率的な製品ポートフォリオは、市場で最も高度で信頼性の高い 360° サラウンド ビュー カメラに電力を供給するために必要なすべてを提供します。