MPSの最新の入力12Vマルチフェーズソリューションで高速負荷過渡応答性能を実現

役立つ情報を毎月お届けします

購読する

プライバシーを尊重します


データセンターアプリケーションは、大量の電流を消費する強力なCPU、GPU、およびASIC SoCを使用します。それらは数十から数千アンペアの範囲であり、特定の電力需要に基づいて急速に変動することがよくあります。既存の設計上の課題は、テクノロジーと消費者の需要が加速するにつれて増大しています。これらの課題には、大きな出力インピーダンス、およびPOSCAPなどのかさばるデカップリングコンデンサが占めるスペースの増加が含まれます。このため、従来このような負荷を供給する多相電圧レギュレータは、その性能の限界に達しつつあります。

MPSの最新の多相ソリューションは、トランスインダクタを利用して、デバイスの全体的な効率を犠牲にすることなく、アンペア数と帯域幅の両方で負荷の要求に対応できる非常に高速な過渡応答を実現します (図1を参照)

このソリューションは、電力段として、MPSのIntelli-Phase™テクノロジーを採用しています。このモノリシックハーフブリッジ電力段は、パッケージあたり最大80Aを処理できます。また、他にも多くの機能と利点があります。

  • 広い動作入力範囲
  • Accu-Sense™電流センス
  • 温度センサ
  • トライステートPWM信号を受信
  • 電流制限保護、過熱保護 (OTP) 、および障害報告

図1:12Vから負荷までソリューションデモボード

このデモは、MPSの次世代コントローラを特徴としており、すべての機能と利点に加えて、絶えず変化する業界と利用事例の要求に対応するための新しい改善が施されています (図2を参照) 。自動フェーズ削減は、全体的な効率と熱管理を改善します。従来のアナログコントローラよりも必要な外付け部品が少ないため、この部品は設計プロセスを簡素化し、同時に基板スペースとBOMコストを最小限に抑えます。このマルチフェーズ、デュアル出力デジタルコントローラの主な利点は次のとおりです。



  • インテルVR14準拠、VR13.HC / VR13との下位互換性
  • PMBus / I2C準拠、SVID、AVSBus、またはPVID高速バス
  • カスタム構成を保存するための組み込みNVM (不揮発メモリ)
  • 自動ループ補正
  • 非線形制御によるオーバーシュートの低減
  • デュアルレールへの柔軟な位相割り当て
  • 熱平衡のためのプログラム可能なオフセットを備えた相間アクティブ電流平衡
  • デジタル負荷レベル調整
  • Intelli-Phase™ MOSFETの障害種別検出のNVMへの自動記録
  • オーバークロックモードをサポート
  • ラインフロート検出
  • クラス最高の監視および保護機能
  • セキュリティを向上させるための強化されたPMBusパスワード保護

MPSは、効率を高め、非常に高速な過渡性能を実現し、コストとスペースの両方を節約する能力をお客様に提供します。かさばる出力コンデンサが必要なく、当社の部品は超小型のパッケージサイズで入手できるので、PCBの実装面積を最小限に抑えることができます。

特定の利点と製品の提供について詳しくは、テレコムおよびサーバー電源ソリューションをご覧ください。

図2:トランスインダクタを備えたMPSの最新の多相ソリューションのクローズアップ

興味のある内容でしたか? お役に立つ情報をメールでお届けします。今すぐ登録を!