MPSの電源モジュールで未来を加速

役立つ情報を毎月お届けします

購読する

プライバシーを尊重します


電源モジュールは、電源管理の進化の次のステップです。設計要件が厳しくなり、使用可能な基板スペースが縮小し続ける中で、エンジニアは最小の実装面積で優れた性能を発揮できるソリューションを必要としています。MPSの一連の高電流電源モジュールは、これらのニーズに合わせて特別に設計されています。

これを実証するために、MPSは、当社の超小型の高電流電源モジュールを搭載した標準サイズのPCIe形状緒言加速カードで構成されるデモを開発しました (図1参照)。 この加速 カードのデモでは、カードの下部に低面積モジュール、カードの右側にスプリット入力電圧ソリューションを搭載しています。

プログラムされたライトシーケンスは、以下を示しています。

  • 入力および負荷需要への動的調整能力
  • AUXおよびPCIe電源表示
  • MPM82504は設計段階を促進し、自動フェーズ省略
  • 負荷指定は、プロセッサからの電力需要を表示
1

図1:高電流電源モジュール加速カード

加速カードは、ビッグデータと圧縮、伝送、および処理の必要性によって急速に拡大する市場です。それらは便利なパッケージの中に超高密度のデータ処理を提供します。現在の大衆市場ソリューションはPCIe形式を利用しており、これは標準的なサーバアーキテクチャに準拠しているため、より簡単です。ただし、使用可能なボードスペースが限られているため、電源ソリューションが問題になる可能性があります。他の加速カードフォーム 要素も、依然として処理密度を最大化するために極度にスペースに制約があります。

それこそがMPSがメリットを提供できる点です。MPSは、小さな実装面積で最も高い特性を提供します。IC、インダクタ、必要な受動部品はすべて1つのパッケージに含まれているため、ボードスペースとBOMコストの両方が最小限に抑えられます。

図2は、高電流電源モジュールのファミリを示しています。

3

図2:MPSの高電流電源モジュールファミリ

これらの部品は、非常に高い電力密度、PMBus / I2C、テレメトリなどのデジタル機能により、加速カードの実装に最適です。また、超高速過渡応答および超低リップルにも対応しています。

MPS電源モジュールソリューションは、サイズの最適化、使いやすさ、高電流に注力したものです。MPSには、ほとんどすべてのアプリケーションのニーズに対応する拡張可能なオプションがいくつか用意されています (図3 参照)

3

図3:拡張可能な電源モジュールオプション

MPSのソリューションは、小さな実装面積で完全に集積された電力モジュールを提供します。入力電圧分割サポートは、動的スイッチングAUX 電源と自動フェーズの省略を可能にし、ORリング回路の必要性を排除します。コアへのデジタルPMBusとI2Cオプションはテレメトリ読み取りと電流監視を提供します。また、基板裏側の実装オプションをサポートし、低ノイズと高速過渡応答を備えています。

MPSの電源モジュールの詳細については、 電源モジュールのページをご覧ください。

 

_________________________

 

興味のある内容でしたか? お役に立つ情報をメールでお届けします。今すぐ登録を!